梨山ビジターセンターでは、梨山地区の自然と文化を知っていただけるよう、梨山風景区の旅行情報や観光スポットの紹介を行っています。梨山の旅の入り口として、スタッフは原住民の温かさで遠方からお越しの方々をお迎えしています。写真がお好きな方は、ぜひ無料のタイヤル族伝統衣装体験や特色ある「未来郵便局」絵はがき郵送サービスをご利用ください。

前身は梨山賓館付属のレストラン・土産物店「清心閣」で、2001年に参山国家風景区管理処が設立されると、梨山ビジターセンターとして改築されました。建物の外観は傍らの梨山賓館と同様、紅瓦の中華式古典建築様式となっています。

梨山ビジターセンターでは、梨山地区の自然と文化を知っていただけるよう、梨山風景区の旅行情報や観光スポットの紹介を行っています。梨山の旅の入り口として、スタッフは原住民の温かさで遠方からお越しの方々をお迎えしています。写真がお好きな方は、ぜひ無料のタイヤル族伝統衣装体験や特色ある「未来郵便局」絵はがき郵送サービスをご利用ください。

梨山文物陳列館は1971年に開館しました。1階では中部横貫公路開発史及びタイヤル族の刺青、婚姻、命名等の伝統文化を紹介しています。中部横貫公路開発史のコーナーでは、道路建設に携わった英雄の業績と当時の困難な工事の様子を振り返ります。中横公路開発は、台湾における道路開発、高山農業、観光・レジャー等の多くの分野に多大な影響を与えた、台湾史上の重要な1ページと言えます。

2階では、タイヤル族の文化財を展示しています。実物大のタイヤル族の家屋や穀物倉庫を見学・体験できるほか、タイヤル族の織物、狩猟、食器、伝統的な食料について詳しく紹介しています。来館者に最も人気のVR狩猟ゲームもぜひ体験してみてください。梨山文物陳列館はタイヤル文化の学習に最適のミュージアムです。

梨山賓館の50 m先にあり、海抜が1956 mであることと中部横貫公路が1956年に着工したことから、1956秘密花園と名付けられました。

カエデをテーマにした景観公園で、ボードウォークを歩いて下って行くと、十余品種のカエデの木が見られます。タイワントウカエデ、イトマキカエデ、タイワンフウ、タカサゴウリカエデ、タイワンヤマモミジ等の台湾在来種に加え、アメリカハナノキ、プリンストン・ゴールド、イロハモミジ、ノムラモミジ、ハウチワカエデ等多くの外来品種があり、大甲渓対岸の雄大な山河と相まって、うっとりするような風景をつくり出しています。

園内のいちばん下には家庭、健康、財産、愛情、仕事の5つの幸福を祈る鐘があります。軽くたたくと澄んだ音色が谷にこだまし、心の中の願望がすべて実現します。

Lokah勇士営地は梨山賓館欧風別荘地の中心でしたが、地滑りが発生したため営業を停止していました。水土保持局が整備を終えた後、2014年に参山国家風景区管理処によって改築され、現在は村人が伝統的祭礼を行う場所となっています。壁面にはタイヤル族の伝説が描かれ、原住民集落の文化を見ることができます。

「攬勝楼」は台湾省道7号線と8号線が交差する高台にあるため、雲海や夕焼けの撮影に絶好の場所で、山並み、日の出、雲海の移り変わり、佳陽扇状地、徳基ダムなどが望めます。広々とした視界に美しい梨山の全景を広々と見渡すことができます。

全長約600 m、片道徒歩約40分の希利克歩道は、全路程が環境にやさしい工法でつくられています。遊歩道が通る林が「メジロチメドリ」の生息地であることから、タイヤル語でメジロチメドリを表す「希利克(siliq)」歩道と名付けられました。

梨山賓館尋梅園と勇士営地を結び、ヒノキの人工林と天然広葉樹林の中を相次いで通るので、心地よい木陰と鳥の声の中、豊富な森の生態系を鑑賞できます。親子連れにもぴったりで、自然と親しめる絶好のスポットです。

また、途中には苔むした石垣がいくつも見られます。地元のタイヤル族のお年寄りによると、これらの石垣は昔の開墾の名残で、タイヤル族の開墾と移住の歴史を物語っています。

桜縁丘はすばらしい視界の展望台付き駐車場で、桜が満開となる初春には鮮やかな花びらが舞う様子が大きな見所となっています。幸せな雰囲気に満ちた壁画やオブジェがロマンチックな空間をつくる桜縁丘は、デートや結婚写真撮影の穴場スポットとなっています。

全長約950 m、片道徒歩約90分の遊歩道です。梨山賓館の改築時に廃棄されることになった屋根瓦を破砕して遊歩道の舗装に利用することで、リサイクルの大切さを伝えています。

遊歩道は梨山賓館の後方を起点とし、福寿山千桜園まで続きます。遊歩道にあるヤマギリは、秋から冬にかけて真っ赤なふっくらした実を付け、鳥たちがその実をついばみにやってきます。そのため、ここではチャバラオオルリ、ハナドリ、カンムリチメドリ、カワビタキ等が見られ、絶好の野鳥観察の場となっています。

地形が比較的険しいため、妊娠中の方やお年寄り、心臓病や高血圧などをお持ちの方はご自身の体力をご考慮の上、必ず同伴者と一緒に歩くなどして、安全を確保してください。

古いバス停を改築した梨山展望台は、梨山地区の交通の要に位置し、旅行客が集まる場所です。

展望台からは、大甲渓扇状地や雪山山脈のすばらしい山並みが見渡せます。小剣山、佳陽山、大剣山、雪山、志佳陽山、桃山等は、いずれも海抜3,000 m以上で、台湾百岳に名を連ねる名山です。

如果您喜歡我們所提供的內容,歡迎下載蹦世界,免費獲得語音導覽定位服務AR互動等更美好的體驗!

其他推薦的導覽

Welcome to Pingxi

Situated in the northeast area of New Taipei City, Pingxi is a well-known mountain town, which is near the upstream of Keelung River and surrounded by mountains. As the Keelung River runs through this small town, which has caused very obvious erosion and dissected topography in the vicinity, there are a number of faults and peculiarly-shaped rocks and boulders. Numerous waterfalls of different sizes appear where the river flows, including the Shifen Waterfall, Lingjiao Waterfall, and Yenjingdong Waterfall (meaning glasses hole) as well as a few potholes. These natural phenomena are all rare landscapes in northern Taiwan. Pingxi is also known as the “home of sky lanterns.” The ancestors in Pingxi hid in caves around hillsides upon the invasion of armed bandits. Those who remained in villages would release sky lanterns to inform their villagers in hiding that the crisis was over. Hence, sky lanterns were also called peace lantern or blessing lanterns. Today, visitors come to Pingxi to release a sky lantern during Lunar New Year holidays to wish for a prosperous year ahead. As environmental awareness increases in recent years, the eco-friendly materials of sky lanterns have been adopted to achieve the balance of tourism and ecology, and sky lanterns are released in a controlled quantity each year.

繼續閱讀
鶯歌陶瓷博物館

陶博館是全臺第一座以陶瓷為主題的專業博物館。致力展現臺灣陶瓷文化,激發社會大眾對陶瓷文化的興趣,提升鶯歌陶瓷產業及地方形象,推展現代陶藝創作,促進國際交流;積極參與臺灣陶瓷文化之調查、收藏、保存維護工作,提供研究、典藏、展示及教育推廣。

繼續閱讀
Kawasan Pemandangan Lishan

Pusat Pelawat Lishan menyediakan perkhidmatan maklumat pelancongan dan Pengenalan kepada Kawasan Pemandangan Lishan, yang dapat membantu pelancong untuk mengetahui pemandangan semulajadi dan ciri-ciri kemanusiaan Kawasan Pemandangan Lishan. Kakitangan perkhidmatan masih berpegang teguh pada semangat orang pribumi dan menyambut para pelancong yang datang dari jauh. Ia merupakan hentian pertama untuk anda mengetahui Lishan dengan lebih lanjut, dan jika anda suka mengambil gambar, jangan sekali-kali melepaskan peluang untuk menggunakan perkhidmatan khas percuma dengan pengalaman memakai pakaian tradisional Atayal dan menghantar poskad di "pejabat pos masa depan".

繼續閱讀
福壽山農場

  福壽山農場結合珍貴農產品和天然觀光資源,四時景觀饒富趣味,適宜春季賞花、夏季避暑、秋季採果、冬季賞雪;白日觀山巒,入夜賞星空,絕妙勝景,時時引人入勝。農場最高處之天池,傳說有股天地靈氣,使得池中之水,終年不竭,極目遠眺,天池之美,山嵐風光,映入眼簾,令人流連忘返。農場內種植多種溫帶水果、高山花卉等,冠絕全台;其中之福壽長春茶,為全台極品,香醇味美,喉韻無窮,廣受品茗大眾所喜愛,年年供不應求。

繼續閱讀
國立臺灣文學館

English version: https://goo.gl/4iWUM5 出身於臺南的文學家葉石濤曾寫下:「臺南是一個適合人們作夢、幹活、戀愛、結婚、悠然過活的地方。」臺南的眾多名勝古蹟如大天后宮、孔廟、赤崁樓、林百貨以及臺灣文學館的前身臺南州廳,皆是葉石濤生活路途上的風景,這些地景時常以不同的面貌出現在他的筆下。在葉石濤的眼裡,臺南是個值得用心生活的好所在。 臺灣文學館是這片風景中的美麗一隅,坐落在臺南的市中心,歷史的風華以及城市的記憶交織其中,古典又莊嚴的建築中蘊藏著豐富的文學資產,無論是外觀或是內在都擁有獨一無二的故事。放下生活的煩悶,沉浸在典雅的氛圍裡,給自己一本書的時間,或是在展覽中與作家不期而遇;你可以獨自前來任由感官馳騁,讓文字滋養靈魂,也可以帶著朋友或是孩子一同探索知識。任何年齡層的人都可以在這裡找到專屬於你的寧靜角落,感受文學貼近人心的溫柔。 臺灣文學館的大門為每一個人敞開,除了禮拜一之外。但是請記得九點後再進來,六點前要離開,留一些時間給臺南的美食吧! 我們誠摯邀請你從臺灣文學館開始,踏出認識臺南的第一步,從這裡開始尋找正港的臺南味,你將會明白這片土地為什麼令人醉心。 臺灣文學館官方網站 https://www.nmtl.gov.tw/   臺灣文學館臉書專頁 https://www.facebook.com/NmtlTainan/

繼續閱讀