望向山林-陳澄波戶外美術館
Comment Score:

陳澄波先生(1895-1947)為臺灣史上最重要的藝術家之一,從現存文獻看來,陳澄波的繪畫生涯始於1920年代初的《北回歸線立標》,終於1947年的《玉山積雪》,這兩幅畫,正好標誌了形構臺灣風土的兩大地理要素,亦即熱帶與溫帶氣候的交界處,以及聚合性板塊邊緣所造成的地殼隆起。起點與終點的美麗巧合,其實也映照了這位畫家對於家鄉嘉義的深刻關懷。眾所周知,陳澄波有大量畫作,都在描繪臺灣各地的人文風景,這些作品除了傳述畫家之於土地的熱烈情感,同時也是島嶼歷史的存故留真。
為了紀念這位出身嘉義的藝術家,於日治時期「杉池」原址,開闢《望向山林》戶外展區,展示台灣山林及嘉義意象為主題的陳澄波數位畫作,將其背後深厚的土地情感與歷史脈絡,呈現給嘉義市民與國內外遊客。
臺灣第一代西畫家開始作風景寫生的時代,日本總督府也剛剛將殖民地的開發範圍向臺灣的山區擴展。一方面遂行其「生蕃地」的治理目的,也為了森林資源的經營與獲取。林業鐵道的延伸,同時帶動了觀光業的興盛,景色絕美的阿里山區自此為世人矚目。逢此歷史機緣的陳澄波,自然也揹上畫具,踏進深山,尋訪那些嶄新的視覺體驗。

If you enjoy the content we provide, download Popworld and experience the service like Map Navigation, LBS, AR Interaction, and so on!

Other Recommended Guides

【日本語】黄金博物館

黄金博物館は新北市瑞芳区の金瓜石の山地に広がる博物館施設です。本館の敷地および周辺には豊かな自然の中、多くの史跡が保存されています。英語の「G」をモチーフとした我々のシンボルマークは、柔らかな筆致の水墨画のタッチで茶壷山の飄々とした雰囲気を、そして本館の自然が人々に与える安らぎを表現しています。また、回転するようなリズム感と共に毛筆書きで表したこの「G」には、二つの意味がこめられています。一つは「Gold(黄金)」のG、もう一つは「Green(緑)」のGです。つまり歴史的遺産を活用しつつ、自然と一体となって途切れることなく発展させていこう、という私たちの目標が表現されています。 黄金博物館は国内で初めて企画された、「地域一体型博物館」を 理念とする博物館であり、当地の地域社会の魅力を活かすことを目的としています。更には、金瓜石地区の貴重な自然環境、近代鉱業史跡、特色ある景観、歴史に関するさまざまな文書や人々の記憶、これらを系統的に保存し、未来へと生かしてゆくことを目指しています。本館構想の趣旨、および運営方針大綱は以下の四点です。 1.鉱山開発に関する歴史及び社会の記録を保存し、再構成する。 2.自然保護教育を実践する環境を整え、自然生態の保護と共存できる観光産業を育てる。 3.金属素材として黄金を用いる芸術および金属工芸を振興し、独創的な産業を育成する。 4.地域社会と一体化した博物館を建設する。 紹介の動画: https://youtu.be/ty5Gc4MOsRk

Read More