和平島公園
Comment Score:

「離島,不離島」是形容和平島最貼切的詞句。只需要轉個彎,越過一座70公尺的橋,就可以從擁擠的都市來到和平島。

五百萬年前浮出海面的和平島,原是三座孤立的島嶼,分別是桶盤嶼、社寮島、中山仔嶼。後來陸續建設與填海造陸,將三座小島連接起來組成和平島。而原本的中山仔嶼,就是「和平島公園」的所在處。

和平島,現以和平橋與台灣島相連。島上的海岸受強烈的海蝕及風化作用,形成了各種天成的地形景緻,是遊憩攬勝及教學的自然教室。

現代人馬不停蹄的忙碌生活常讓人迷惘,不如收拾簡單小行囊往和平島公園出發!說走就走,坐在沙灘聽海浪拍打岸上岩石的聲音、哼一首最喜歡的歌,三五好友隨興草地野餐,享受悠閒的漫島生活美學,Find your peace就是如此簡單。

If you enjoy the content we provide, download Popworld and experience the service like Map Navigation, LBS, AR Interaction, and so on!

Other Recommended Guides

「Discovering Taiwan─Re-visiting the Age of Natural History and Naturalists of Taiwan」

“Discovering Taiwan” has two units. Unit One focuses on the research tradition of the naturalists in the beginning of the 20th century. During on-site field studies, the museum’s researchers recorded their research findings and brought back specimens and new knowledge that contributed to the museum’s collections. Unit Two introduces how specimens became cherished evidence of natural history research through organization, identification, and classification. They are an important source for scientific research. Specimens represent different species. Different specimens form a miniature version of our big nature, illustrating the evolutionary history of different species in nature. “Taiwan’s New Scopes” introduces the important naturalists and their findings in the 100- year history of the National Taiwan Museum. These naturalists worked hard to unveil the secrets of Taiwan’s nature. Thanks to them, we can appreciate the beauty of Formosa through different lenses. “The Past is the Future” means that the museum does not only bring visitors to the past, but they also lead us to reflect on the current and envision the future. People often think that museum collections are evidence of history being frozen in time. The appearance of the collections may stay constant. But people’s opinions about the collections change constantly. Therefore, they may have different meanings and values in different times. In the museum, the past is the future. This is why people never lose their interest in museums.

Read More
【日本語】黄金博物館

黄金博物館は新北市瑞芳区の金瓜石の山地に広がる博物館施設です。本館の敷地および周辺には豊かな自然の中、多くの史跡が保存されています。英語の「G」をモチーフとした我々のシンボルマークは、柔らかな筆致の水墨画のタッチで茶壷山の飄々とした雰囲気を、そして本館の自然が人々に与える安らぎを表現しています。また、回転するようなリズム感と共に毛筆書きで表したこの「G」には、二つの意味がこめられています。一つは「Gold(黄金)」のG、もう一つは「Green(緑)」のGです。つまり歴史的遺産を活用しつつ、自然と一体となって途切れることなく発展させていこう、という私たちの目標が表現されています。 黄金博物館は国内で初めて企画された、「地域一体型博物館」を 理念とする博物館であり、当地の地域社会の魅力を活かすことを目的としています。更には、金瓜石地区の貴重な自然環境、近代鉱業史跡、特色ある景観、歴史に関するさまざまな文書や人々の記憶、これらを系統的に保存し、未来へと生かしてゆくことを目指しています。本館構想の趣旨、および運営方針大綱は以下の四点です。 1.鉱山開発に関する歴史及び社会の記録を保存し、再構成する。 2.自然保護教育を実践する環境を整え、自然生態の保護と共存できる観光産業を育てる。 3.金属素材として黄金を用いる芸術および金属工芸を振興し、独創的な産業を育成する。 4.地域社会と一体化した博物館を建設する。 紹介の動画: https://youtu.be/ty5Gc4MOsRk

Read More