Download Popworld APP for a full experience of functions like map guidance, stamp collection, AR interaction, etc.

Click to download Generic placeholder image Generic placeholder image
Guide Recommended Reality Game Recommended

楽寓毫端:台湾文学における筆の時代 (国立台湾文学館)(展覧会レビュー)

国立台湾文学館
(1)
Game Estimated Time
-
Page Views
317
Tainan City
日本語


Introduction

100年前の台湾における文芸青年、書道の日常

楽寓毫端!彼らの生活の楽しみは、まさに筆先に託されていました。

功績をあげるために学び、国に貢献するために書く時代──理想が実現した時、筆は剣のようにその志を天下に振りかざし、何をしてもうまくいかない時、隠居して田畑を耕す時、筆は扇のように心の憂いを扇ぎ飛ばします。紙の裏まで命や五感が透き通り、気持ちをほぐして慰めます。鉛筆、ペン、キーボードが登場する以前の時代、筆は国家の出来事や胸の中の鬱憤を書き記すためだけに使われていたわけではありません。生活記録、気持ちの伝達、人付き合い、さらにナンセンスなものまですべて筆で記していました。

そのため、手紙、カード、対聯、紙本のすべてが「楽寓毫端」にあります。現代のEメール、Facebook、LINE、Instagramを使った交流と同じ意味をもって悠々自適で楽しい生活が徹底的に実践されています。本展では所蔵品の中から清朝統治時代、日本統治時代、戦後初期に筆で書かれた40点あまりの作品を厳選して展示しています。作家は30名以上、寄贈者は14名にのぼり、台湾知識人の社会への温かな思い、生活美学、個人的な些細な出来事まで表現されています。かつての優雅な文学があふれていた筆の時代です。

展示期間:2020/11/26 ~ 2021/5/30
展示場所:国立台湾文学館展覧室E

Comment

You might like